商品概要説明書
自由金利型定期貯金<単利型>
(平成19年1月4日現在適用中)
1.商品名(愛称) 自由金利型定期貯金<単利型>
(大口定期貯金)
2.販売対象 法人および個人
3.期 間 定型方式
1か月、2か月、3か月、6か月、1年、2年、3年、4年、5年
満期日指定方式
1か月超5年未満
定型方式の場合は預入時のお申し出により自動継続(元金継続または元利金継続)の取扱いができます。
4.預入方法
(1)預入方法 一括預入
(2)預入金額 1,000万円以上
(3)預入単位 1円単位
5.払戻方法 満期日以後に一括して払い戻します。
6.利 息
(1)適用金利 預入時の店頭表示の利率を満期日まで適用します。
(2)利払頻度 預入期間2年未満のものは満期日以後に一括して支払います。
預入期間2年以上のものは、中間利払日(預入日から満期日の1年前の応当日までの間に到来する預入日の1年毎の応当日)以後および満期日以後に分割して支払います。
なお、中間利払日に支払う利息は、預入日または前回の中間利払日からその中間利払日の前日までの日数および中間利払利率(約定利率×70%)により計算します。
(3)計算方法 付利単位を1円とした1年を365日とする日割計算。
(4)税金 個人のものは20%(国税15%、地方税5%)の分離課税、
法人のものは総合課税となります。
(5)金利情報の入手方法 金利は店頭の金利表示ボードに表示しています。
または、窓口でお問い合わせ下さい。
7.手数料 -
8.付加できる特約事項 個人の自動継続扱いのものは総合口座の担保とすることができます。
(貸越利率は担保定期貯金の約定利率に0.50%を上乗せした利率)
9.中途解約時の取扱い 満期日前に解約する場合は、以下で計算した中途解約利率のうちいずれか低い利率により計算した利息とともに払い戻します。
(1) 預入日の1か月後の応当日の前日までに解約する場合には、次のア、イ及びウのうちもっとも低い利率。
 ア. 解約日における普通貯金の利率
 イ. 約定利率 約定利率×30%
 ウ. 約定利率 (基準利率−約定利率)×(約定日数−預入日数)
         預入日数
なお、基準利率とは、解約日にこの貯金の元金を証書または通帳記載の満期日までに新たに預入の際に適用される利率を基準として算出した当JA所定の利率をいいます。
イ及びウの算出により計算した利率の小数点第4位以下は切り捨てます。ただし、ウの算出により計算した利率が0%を下回るときは0%とします。
(2) 預入日の1か月後の応当日以後に解約する場合には、次のア及びイの算式により計算した利率。
 ア. 約定利率 約定利率×30%
 イ. 約定利率 (基準利率−約定利率)×(約定日数−預入日数)
         預入日数
中間払利息が支払われている場合には、その利息額(支払済の利息合計額)と中途解約利率により計算した利息額との差額を精算します。
(3) この貯金の付利単位は1円とし、1年を365日として日割で計算します。
10.貯金(預金)
   保険制度(公的制度)
保護対象
当該貯金は当JAの譲渡性貯金を除く他の貯金等(全額保護される貯金保険法第51条の2に規定する決済用貯金(当座貯金・普通貯金・別段貯金のうち、「無利息、要求払い、決済サービスを提供できること」という3条件を満たすもの)を除く。)と合わせ、元本1,000万円とその利息が貯金保険により保護されます。 
11.その他参考となる事項 自動継続を停止するときは、満期日の前営業日までにその旨を申出てください。
満期日以後の利息は解約日または書替継続日における普通貯金利率により計算します。
個人の場合、元利金継続のものは継続時にあらかじめ指定された期間で、継続後元金を継続時点の店頭表示利率で最も高利回りとなる定期貯金に継続させることができます。(ランクアップサービス)
あらかじめ指定されることで非継続のものは、満期日に積立定期(エンドレス型)の積立側に預入日時点の店頭表示利率で預入することができます。(自動シフトサービス)


カレンダー
イベント情報はこちらから